MENU

リアップ使用開始!これは副作用かなと思ったら

リアップ副作用1

発毛剤を使う上で避けて通れないのは副作用と思われる症状。強い発毛成分が時として思わぬ落とし穴になることがあります。リアップには、公式ページで「副作用」という表現は用いていませんが、「使用する前に注意すること」として
アレルギー症状を起こしたことがある人

 

高血圧・低血圧の人

 

心臓または腎臓に障害のある人

 

むくみのある人

 

親族に壮年性脱毛症がいない人

 

高齢者(65歳以上)

 

甲状腺機能障害の人

 

に関しては使用前に医師・薬剤師に相談するように注意喚起しています。これらはリアップの効果が得られない脱毛原因である場合や、無条件で使用が可能でない場合です。それでは、よく見られる副作用と思われる症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

リアップでの初期脱毛

リアップ副作用初期脱毛

リアップを購入し使用を開始すると一部の男性から「使い始めてから毛が元気になるどころか少し抜け毛が多くなったような気がする」という話を聞く事があります。これが良く耳にする事のある「初期脱毛」という症状です。初期脱毛には大きく分けて二方向の種類があります。

 

一方はリアップ使用開始によって毛根に栄養が行き活性化される事によって、その毛が周期の役目を終えて脱毛するタイプ。こちらは毛の伸びや過程が早くなった意味合いもあり、次の発毛に向けての脱毛なので問題する心配は無いでしょう。

 

もう一方のタイプは抜けてしまってから発毛する様子が見られないタイプです。こちらのタイプは肌や身体に合っていない場合がありますので専門医や薬剤師に相談して使用を中止するか他の方法に切り替える必要があります。

 

リアップでのかゆみ

リアップ副作用かゆみ

リアップを使用している過程で、日常にかゆみを感じる機会が多くなる事があります。これはリアップの副作用にも挙げられている内容です。毛根に栄養的刺激が与えられ、発毛に取りかかる段階に入るとかゆみが生じる事はよくある事。

 

毛髪の成長段階に起こる現象でもあります。リアップを使用していない方でも毛髪の成長がある方は自然に起こるかゆみなので、副作用と言っても心配するレベルではない場合が殆どです。

 

しかし、赤みや湿疹などの症状がみられた時、また度を超えたかゆみが生じている場合、湿ったようなフケが出る場合などは医師に副作用の現れか確認してもらう必要があります。その場合は速やかに医師または販売店の薬剤師に相談しましょう。

 

リアップでの血圧変動

リアップ副作用血圧

リアップを使用した一部の方には「血圧の低下」の症状が出たという人もいます。血圧の低下はリアップの副作用で挙げられている事で、他の副作用以上に注意しなければいけない項目です。

 

血圧を測っていなくても、めまいを感じたら可能性がありますので確認する事が必要です。この事を早期発見する意味もあり使用期間中は毎日の血圧測定を習慣化する事によって安心して過ごす事が出来ます。

 

また血圧計測記録ノートをつける事によってもし症状が現れた時、医師との確認の際に役立ちます。血圧を測り、計測記録ノートとつける、血圧低下の症状が出たりめまいを感じたら医師に相談する。こうする事で、安心して計画通りのリアップを使用期間を過ごす事が出来、あなたの悩みを解消に近づける事が出来るでしょう。

 

▼分け目に効果的な育毛剤▼

分け目薄毛育毛剤ランキング

 

>> 【分け目が薄い】育毛剤の前に確認すべき3つのこと  TOP